検索
  • Takahiro Sakai

自前で録音するか依頼するか -成功するはじめての演奏会録音-①


自前で録音するのか依頼をするのか

「演奏会や発表会での演奏を録音して残したいけれど、どうやったら良い音で録音できるの?」と迷ってしまう方もいらっしゃると思います。特に、はじめて演奏会の録音をしようとする方は何から手をつけていいのかも分からないかも知れません。そんな悩みをお持ちに方に「成功するはじめての演奏会録音」のポイントをご説明します。

まず、大きな選択として、

  • 自前で録音をする

  • 詳しい人や専門の録音業者に依頼、ホールや会場に録音をお願いする

という2つの選択があると思います。 自前で録音すると決めた場合、録音機器の準備や会場でのセッティング方法、状態良く録音するための知識やノウハウが必要となり、また、録音後のこと、つまり聴いてもらいたい人に届ける配布方法や音源のパッケージに対する知識(メディアへのコピー・印刷物・ケース等)なども決めておかないといけません。 一方、録音を専門業者や会場の音響担当者などに依頼する場合は、上記の自前で行わなくてはいけない事のほとんど全てをお任せできますが、まず、費用をどのくらいかけられるのか、どのレベルのクオリティを望むのかを考えておく必要があります。出張録音サービスを提供している業者は、プロの演奏家の録音もしているハイクオリティなところから、音楽スタジオを経営している資源を活用しているところ、また、趣味が高じて出張サービスをしているところなど、数多くの様々な業者がありますから、録音の質に求める品質とかけられる費用を明確に決めて、業者を選ぶことが大切です。 これ以降、自前で録音するケースと録音を依頼するケースに分けてポイント説明していきます。

#はじめての演奏会録音

0回の閲覧