検索
  • Takahiro Sakai

ピアノと声が奏でる「8つのファンタジー」 府中の森芸術劇場 ウィーンホール

最終更新: 6月25日

11月22日に府中の森芸術劇場・ウィーンホールで、ピアノと声楽の収録をしてきました。演奏者は小金井音楽アカデミーの玉木豊先生です。このプログラムは2015年からスタートし、年2回程度の収録を継続しています。毎回、テーマを設定し、そのイメージをに沿った即興演奏をいっきに通してレコーディングします。今回は先生お気に入りの絵画8枚のイメージを元に絵を見ながら即興演奏されました。


このプログラムは音響的な試みもさることながら、映像作品として仕上げるため、カメラアングルも実験的な試行錯誤をしています。今回はホール常設の3点吊り装置に小型カメラを取り付けて収録してみました。DJI社から出ている、Osmo Pocketは3軸ジンバルを搭載し、4K 60Pで収録可能。専用アプリとの連動で様々な魅力的な動画が収録できる優れた製品です。



小型なのでマイクよりも軽いくらいです。吊り上げてからのアングル調整は、Wi-Fiを経由して専用アプリで操作します。大屋根を外したピアノを上から眺める画は美しいフォルムで想像力を掻き立てられます。




豊かな声量で歌いながらピアノを弾く玉木先生の演奏は、サスティンペダルを踏んだ時に、声とピアノが共鳴して、独特な音場をつくります。加えて、その響きはホール全体に広がっていって、雄大で幻想的な雰囲気を醸し出します。

収録した中から2曲ご紹介します。





188回の閲覧